人物

岡本宗史(なるP)がナルシストすぎる!学歴や経歴について調査!

岡本宗史

スポンサーリンク

ナルシストすぎる医師として注目を集めている岡本宗史さん。

2022年2月24日に放送されるアウトデラックスに出演します。

なるPとしてYouTubeに出演しているキャラの濃い岡本宗史さんですが、これまでの学歴や経歴が気になるところです。

今回は岡本宗史(なるP)がナルシストすぎる!学歴や経歴について調査!と題してお送りします。

 

岡本宗史(なるP)がナルシストすぎる!

岡本宗史(なるP)の学歴や経歴

岡本宗史(なるP)のプロフィール

 

岡本宗史(なるP)がナルシストすぎる!

現役医師の岡本宗史さんはナルシストとして有名です。

自身のインスタグラムでも「愛と夢とナルシズムを追求してまいります。」と書いてあります。

インスタグラムやTwitterの投稿もナルシストな写真ばかりです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡本 宗史(@soshi_okamoto)がシェアした投稿

全ての投稿がナルシストで振り切ってて流石ですよね。

自分のことが大好きで自信に満ち溢れている様子が伝わってきます。

 

岡本宗史(なるP)の学歴や経歴

1981年大阪で生まれた岡本宗史さんは、父親の仕事の関係で幼少期をアメリカと大阪で過ごしました。

父親も医者だったのですが、はじめは医者になるつもりはありませんでした。

しかし、父親は岡本宗史さんに対して医者になれというような人ではありませんでした。

 

岡本宗史さんは、高校卒業後の2002年に東北大学農学部(偏差値58)に入学しました。

東北大学時代はファッションなどの趣味に没頭してしまったため、勉学が疎かになり留年してしまいます

周りの同級生が卒業し就職していく中、将来を真剣に考えたとき、人として最も大切な部分に携われる医師という職業に強く魅力を感じるようになりました。

その後1年必死に勉強し医学部のある大学へ再入学します。

 

2005年 愛媛大学医学部へ入学しました。

偏差値は東北大学より高い65です。

1年間真剣に勉強して学力をアップさせたんですね。

もともと医師を目指しているわけではなかったのに、1年で医学部に合格してすごいですね。

 

2011年からは東京大学医学部附属病院で勤務をし、2020年には埼玉県上尾市で埼玉みらいクリニックを開業しました。

この埼玉みらいクリニックは、お笑い芸人として活躍中のしゅんしゅんクリニックpさんも勤務しています。

 

埼玉みらいクリニックはPAPA上尾ショッピングセンター内にあります。

モットーには「質の高く、親しみやすい医療」を掲げています。

 

〒362-0015 埼玉県上尾市緑丘3丁目3‐11‐2

病院HP:https://www.om-clinic.jp/

 

 

岡本宗史(なるP)のプロフィール

岡本宗史さんのプロフィールを見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡本 宗史(@soshi_okamoto)がシェアした投稿

名前:岡本宗史 (おかもと そうし)

生年月日:1981年9月3日

血液型:O型

出身地:大阪府

身長:180cm

趣味:ファッション

所属事務所:カロスエンターテイメント

 

岡本宗史さんは医師として活躍していますが、同時にタレントとしても活動しています。

AbemaTVの「ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”」にも出演しており、MCのヒロミさんや指原莉乃さんに濃すぎる!やおもしろい!など絶賛されていました。

番組内ではお酒が弱いことや、本当はパリコレに出たかったことを明かしています。

 

岡本宗史さんは1日1食と懸垂運動でスリムな身体を維持するストイックな生活を送っています。

また勤務医であるしゅんしゅんクリニックpさんと勤務後、YouTubeの撮影をすることがあり、なるPとして出演しています。

 

まとめ

今回はナルシストな医師「岡本宗史」さんの経歴や学歴についてまとめました。

 

岡本宗史さんは高校卒業後、東北大学農学部に進学しました。

留年を経験し将来を見つめ直した時に医師になることを志し、愛媛大学医学部に再入学をします。

東京大学医学部附属病院で勤務をし、2020年には上尾市に埼玉みらいクリニックを開業しました。

お笑い芸人のしゅんしゅんクリニックpさんも勤務しています。

医師として活動しながらタレントとしても活動しています。

 

しっかりとした医師としての顔とナルシストで強烈なキャラクターのギャップがすごいですよね。

これからも注目を集めそうですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-人物

© 2022 たのしゅふ