スポーツ

鍵山優真の父親の仕事はコーチ!若い頃はイケメンオリンピック選手!

スポンサーリンク

鍵山優真さんは、北京オリンピックのフィギアスケート団体戦男子シングルフリーで1位、個人のショートでも2位という素晴らしい演技を披露しています。

 

鍵山優真さんが素敵な演技で注目を集める中、父親の鍵山正和さんにも注目が集まっています。

 

鍵山優真さんの父親である鍵山正和さんは一体どんな人物なのか気になると思います。

 

今回は「鍵山優真の父親の仕事はコーチ!若い頃はイケメンオリンピック選手!」と題してまとめてみました。

鍵山優真の父親の仕事はコーチ

鍵山優真の父親の若い頃はイケメンオリンピック選手!

 

鍵山優真の父親の仕事はコーチ

鍵山優真さんの父親・鍵山正和さんはスケートのコーチをしています。

鍵山優真さんの専属コーチをしながら、横浜銀行アイスアリーナでインストラクターとして勤務しています。

 

鍵山正和さんは若い頃はフィギアスケート選手として活躍していました。

1994年に現役を引退し、その後は2005年までプリンスアイスワールドでアイスショーに出演していました。

 

その後はインストラクターとして活動しています。

2005年頃~ 富山スケートセンター

2011年頃~ 軽井沢風越公園アイスアリーナ

2016年頃~ 横浜銀行アイスアリーナ

 

仕事が忙しく親子の時間を作ることがなかなかできなかった正和さんは、5歳になる息子を専属インストラクターとして勤めていたリンクに連れて行きました。

 

これが鍵山優真さんがスケートを始めるきっかけとなります。

 

現在は横浜銀行アイスアリーナを拠点とし、鍵山優真さんを指導しています。

 

鍵山優真の父親の若い頃はイケメンオリンピック選手!

鍵山優真さんの父親・鍵山正和さんは若い頃フィギアスケートの選手として活躍していました。

 

鍵山正和さんの若い頃の写真がイケメンだと注目を集めています。

 

こちらが鍵山正和さんの若い頃の写真です。

鍵山優真さんとの比較写真ですが、やっぱり親子、似ていますね。

 

すっきりとした顔立ちで女性に人気がありそうですね。

アイドルグループにいそうなルックスです。

 

鍵山正和さんはスケート選手としてオリンピックに出場したことがあります。

続いてスケート選手としての経歴を紹介します。

 

鍵山優真の父親・鍵山正和の経歴

鍵山正和さんのスケート選手としての経歴です。

 

鍵山正和さんは小学2年生の時、スケートを習う母親にスケート場に連れていかれたことがきっかけでスケートを始めました。

 

オリンピックには2度出場しています。

1992年 アルベールビルオリンピック 13位

1994年 リレハンメルオリンピック 12位

 

その他の選手権の成績はこちらになります。

■世界Jr.選手権

1987-88 10位

1988-89 13位

 

■全日本Jr.選手権

1987-88 優勝

1988-89 優勝

 

■世界選手権

1990-91 10位

1991-92 19位

1992-93 8位

1993-94 6位

 

■全日本選手権

1989-90 2位

1990-91 優勝

1991-92 優勝

1992-93 優勝

1993-94 2位

 

鍵山正和さんは、膝と足首が柔らかい選手と評されていました。

アクセルジャンプはやや苦手としていましたが、膝と足首の柔らかさはトリプルルッツ-トリプルトゥなどの連続ジャンプで活かされていました。

 

まとめ

今回は、「鍵山優真の父親の仕事はコーチ!若い頃はイケメンオリンピック選手!」と題して、鍵山正和さんについて調査しました。

 

鍵山優真さんの父親・正和さんは、スケートのコーチをしています。

鍵山優真さんの専属コーチをしながら、横浜銀行アイスアリーナでインストラクターとして勤務しています。

昔はスケート選手として活躍していて、オリンピックには2度出場したことがあり、全日本選手権では3連覇を果たしたこともあります。

若い頃はアイドルグループにいそうなイケメンでした。

 

今後の活躍が楽しみですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-スポーツ

© 2022 たのしゅふ