人物

丘山晴己は学習院大学出身?学歴について調査!両親(父親・母親)がすごい!

丘山晴己

スポンサーリンク

舞台やミュージカル俳優として活躍している丘山晴己さん。

「刀剣乱舞」の巴形薙刀役が有名で注目を集めました。

 

その丘山晴己さんが剛力彩芽さんとの熱愛が報道され話題になっています。

 

剛力彩芽さんと熱愛中の丘山晴己さんがどんな人なのか気になりますよね?

今回は丘山晴己さんの出身大学や学歴、両親について調査しました。

この記事でわかること

丘山晴己は学習院大学出身?

丘山晴己の学歴について調査!

丘山晴己の両親がすごい!

 

丘山晴己は学習院大学出身?

丘山晴己さんは学習院大学出身ではありません

本当の出身大学は、フィラデルフィア芸術大学です。

2004年に同校にに入学し2008年に芸術学士(Bachelor)を取得しています。

フィラデルフィア芸術大学は、アメリカ合衆国のペンシルバニア州・フィラデルフィアにある大学です。

 

一部で丘山晴己さんは、学習院大学出身だという噂があるのはどうしてでしょうか?

それは丘山晴己さんが2019年4月から学習院大学で臨時講師を務めているからだと思われます。

このことから、丘山晴己さんが学習院大学思われることがありますが、出身大学はフィラデルフィア芸術大学です。

 

丘山晴己の学歴について調査!

大学はアメリカの大学に通っていたことがわかりました。

続いて、中学・高校などの学歴について調べてみました。

 

丘山晴己の出身中学校

丘山晴己さんは14歳で渡米するまでは、玉川学園中学部に通っていました。

幼稚園、小学校も玉川学園に通っていました。

 

卒業生には、映画評論家の有村昆さんや、ミュージシャンのDAIGOさんなどがいます。

 

丘山晴己の出身高校

丘山晴己さんは、アメリカのWesttown School(ウエストタウンスクール)を卒業していると思われます。

ご本人のものと思われるFacebookに Westtown Schoolを2004年に卒業していると書いてありました。

 

丘山晴己さんは14歳の時に、アメリカ・フィラデルフィアの大学で教鞭を執ることになった両親について行き渡米します。

1年後、仕事を終えた両親は帰国しましたが、丘山晴己さんは残って現地の高校に進学しました。

 

高校進学と同時にそれまで続けてきた日本舞踊をやめ、踊りからは離れた生活を送ります。

しかし、大学1年生のとき、無性に「何かを表現したい」と思い、自分のルーツである踊りに立ち返りました。

 

両親について行った渡米なのに、一人で残って現地の学校に進学するというのはすごいですよね。

アメリカでの生活が丘山さんに合っていたのかもしれないですね。

 

丘山晴己の両親がすごい!

丘山晴己さんの両親は丘山さんに大きな影響を与えた人です。

父親は日本舞踊家、母親は松山バレエ団の元バレリーナでした。

丘山晴己の父親は日本舞踊家

丘山晴己さんの父親は日本舞踊家の「花柳伊三郎」(本名:小山正 )さんです。

父親である正さんは、息子の丘山さんに親子だという甘えは許さない厳しい環境で礼節とけじめを叩き込みました。

その教えが丘山さんの大きな財産となっています。

 

丘山晴己の母親は元バレリーナ

丘山晴己さんの母親は、松山バレエ団の元バレリーナで、現在は講師として指導しています。

名前は加代呼(佳予子)さんといいます。

本名はどちらの表記か分かりませんが、仕事用のとプライベートで使い分けているのかもしれません。

 

丘山晴己さんは、子供のころ母親の影響でバレエを始めますが、タイツを履くのが嫌でなかなかバレエに馴染めず、父親の誘いで日舞の世界に足を踏み入れました。

しかし、20歳のころ急にバレエがかっこよく見えて専攻をバレエに変えました。

これに対してプロのバレリーナだった加代呼さんは20歳でバレエを始めるのは遅すぎると忠告をしましたが、全くブレない晴己さんの決意を応援するようになりました。

 

まとめ

今回は丘山晴己さんについてまとめました。

 

丘山晴己さんの出身大学はアメリカのフィラデルフィア芸術大学です。

学習院大学は出身大学ではありませんが、臨時講師として教鞭をとっています。

幼稚園、小学校、中学校は玉川学園に通っていました。

14歳の時に両親の仕事の都合で渡米し、両親が日本に戻った後も単身アメリカに残り、現地の高校を卒業しています。

高校はWesttown School(ウエストタウンスクール)に通っていたものと思われます。

父親は日本舞踊家の「花柳伊三郎」(本名:小山正 )さんです。

母親は松山バレエ団の元バレリーナ小山加代呼(佳予子)さんです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-人物

© 2022 たのしゅふ