人物

大地伸永の本名や経歴は?中学校や高校についても調査!

大地伸永

スポンサーリンク

 

AbemaTVで放送中の「恋愛ドラマな恋がしたい」通称「ドラ恋」に出演している俳優の大地伸永さん。

 

若手俳優が毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋が生まれるかを描く番組です。

 

若手俳優のお芝居を観ることができる上に、その俳優さんたちの恋愛模様をみることができるとても面白い番組です。

 

今日はそんなドラ恋に出演中の大地伸永さんについて調べました。

・大地伸永さんの本名は?プロフィールも

・大地伸永さんの経歴は?

・出身中学校と高校は?

 

大地伸永の本名は?プロフィールも

 

この投稿をInstagramで見る

 

大地伸永(@nobunaga_daichi)がシェアした投稿

名前:大地伸永

生年月日:2001年2月26日

出身地:埼玉県

身長:180cm

特技:スポーツ全般 (ラグビー、水泳ほか)

事務所:東宝芸能

 

大地伸永の名字である「大地」は芸名です。

 

この名前は、所属事務所である東宝芸能の社長である増田憲義氏が命名しました。

 

地に足をつけ、地道に経験を積んで成長してほしいという願いが込められています。

 

名前の伸永は本名です。

  • 永遠に伸び続けてほしい
  • 織田信長が好きな武将ランキング1位だったこと

この2つが名前の由来となっています。

 

素敵な想いの込められたこの名前で、俳優としてどんどん飛躍して欲しいですね。

 

大地伸永の経歴

大地伸永さんは、小学4年生の時にテレビで芸能界の裏舞台を特集した番組を観て、芸能界に興味を持つようになりました。

 

変身ベルトを持ち変身ポーズを真似するほど仮面ライダーが大好きだった大地伸永さん。

 

芸能界のことを具体的に知ってからは、仮面ライダー俳優になりたいと思うようになります。

 

小学校の卒業式の壇上で、「将来有名な俳優になりたい」と宣言したことで、俳優の夢を無理だと思っていた母親が応援してくれるようになりました。

 

2014年、中学生の時に東宝芸能が創立50周年を記念して実施した初の男性オーディションに合格し、俳優の道へと進みました。

 

2015年に大河ドラマ 「花燃ゆ」 の徳川家茂役で俳優デビューを果たします。

 

デビューが大河ドラマなんてすごいですね!

 

その後多くのドラマや映画に出演しています。

 

さくらの親子丼

アンナチュラル

科捜研の女

累 -かさね-

こども食堂にて

4分間のマリーゴールド

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!

ブレイブ 群青戦記

ドラゴン桜 第2シリーズ 

 

そして現在では、AbemaTVで放送中の「恋愛ドラマな恋がしたい」に出演しています。

 

キスシーンは中学3年生の時以来だという大地信長さん。

 

どんなキスシーンを見せてくれるのか楽しみです。

 

大地伸永さんの出身中学校・高校は?

続いて大地伸永さんの出身中学校と高校について調べてみました。

出身中学校は?

大地伸永さんの出身中学校はわかりませんでした。

 

また、4歳から11歳までは水泳、小学校1年生〜6年生までの6年間は埼玉県狭山市の「さやまラグビースクール」に所属していました。

 

なので、地元は埼玉県狭山市またはその周辺だと思われます。

 

このことから、埼玉県狭山市周辺の中学の可能性があると思われます。

 

出身高校は?

大地伸永さんの出身高校は、東京都中野区にある堀越高等学校です。

 

芸能活動を行う人のための「トレイトコース」があり、多くの俳優、歌手、スポーツ選手が通っています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大地伸永(@nobunaga_daichi)がシェアした投稿


残念ながら仕事の関係で、卒業式には出席できませんでしたが、これはこれでいい思い出と発言しており、前向きな性格が伺えます。

 

ここからは一人の男性、社会人そして俳優としての自覚を持ち頑張りますので今後ともよろしくお願いします。

インスタグラムより

 

と語っていることから、大学へは進学せず、芸能活動一本で頑張っています。

 

まとめ

今回は大地伸永さんについて調べました。

・大地伸永さんの本名は分かりませんでしたが、名字の大地は芸名です。

・2014年に東宝芸能の開催したオーディションに合格、2015年大河ドラマで俳優デビューを果たします。

・出身中学校は不明ですが、狭山市にあるラグビークラブに所属していたことから、狭山市周辺の中学校に通っていた可能性があります

・高校は東京の堀越学園高等学校を卒業しています。

 

これからの活躍がますます楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-人物

© 2022 たのしゅふ